人気ブログランキング |

誰が為に血は流れたのか・・・



今日は~ みなさんに~♪
少し重たい話をしまぁ~す。。。

興味の無い方はスルーで(^^
明日予定している、『頂きネタ』を想像してお過ごしください



では、始める・・・・
前に。。。。

質問

  もし、私たち日本の近隣国で、貧困に苦しんでる国が
  突然戦争を起こして他国に攻め入り
  その国の人を虐殺したり、人体実験をするような国が有ったら・・・
  どうします?
  その国と戦争になって、ずるずると戦いが長引いて
  どんどん、貴方の友達や恋人や家族が
  戦火に巻き込まれて死んで行きった時
  貴方の手元に、その国を滅ぼせるくらいの
  凄い武器が有ったら、、、
  貴方は戦いますか??
  もし、その国が攻め入ってきたら、
  今度は自分に近い人達が、虐殺の対象や
  人体実験の材料にされるかもしれないのです。


改めて・・・
こんにちは、髪の毛が自然に盛られ始めている 癖毛玉子 です♪
ナチュラルパーマ & 天然盛りヘア
そろそろ、抑えが効かないのは、汗と言う湿気の所為でしょうか?

いきなり、何の話だ?
って所ですが・・・
戦争が終わって、もう少しで65年と言う月日が流れますね。
きっと、早いものなのでしょうねぇ~
65歳より上・・・
70歳以上ぐらいの方には、それは現実に起きていた事なのですから。
残念ながら、私たちは戦争を知らない子供です。
戦争が、正しいか間違ってるかと言えば、間違ってるとは思います。

でも、戦争は無くならないだろうし、
周りの人を見ていると、
  『戦争を無くすつもりは無いのでしょう?』   とも思う。

イライラしやすい人・相手を許せない人
他者を受け入れ無い人・自分本位な人
人のする事に文句ばかりつける人・相手より優位に立ちたい人
強い人がカッコイイって思う人etc・・・

挙げればキリが無いし、私も人の事は言えませんが・・・
この全てが、“戦争の種” を持っています。

個人間の戦争が、グループでの戦争になって、
それが思想と思想のぶつかり合いを生み、
国家と国家の戦争になるのでしょう?
今の国会を見て、与党と野党の戦争だとは思いませんか?
血を流さなければ良いと言うのは、無智の極みですよね。
言葉の暴力は許されるの?精神の蹂躙は?

争いの根は、人に深く根付いてるのだと思うのです。
人と人の間に差がある限り、争いが絶える事は無い。
ネット中傷で自殺した人がいるのなら、少なくとも中傷した人間には、暴力致死ぐらいの罪は問うて良いと思うのですが・・・

どっかの誰かが言いました。
日本に原爆を落とした事について 

  『正しい事をした』  っと

血の匂いのしない所で戦争を賛美して来た人の言えるセリフだ
人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか?
それは、 
『権力を持った人間、権力に媚びを売る人間が、
安全な場所に隠れて戦争を賛美し、
他人には、愛国心や犠牲精神を強制して、戦場へ送り出すこと』

だとか・・・
私の知人は、『正義の反対は、犠牲だ』と言う。
ま、詭弁では有るけれど、言いえて妙だとも思う。

ただ・・・
この人が間違ってるとも言えない。
だって、“私たちは、日本を知らない” のだから。。。

最初の質問
アレは、第二次世界大戦中の他国から見た日本です。

在る日、突然に領土侵犯をして爆弾を落としまくり
満州に入り南京大虐殺をし、
嘘かホントか?石井部隊(731部隊)による捕虜での人体実験、

日本を止める為にした手段が、原爆・・・

と言うのは、実は大げさで~(^^;
すでに日本の大敗は決まっていたのですからね。
本当の所は、多分だけどドイツ・朝鮮・ベトナムのように
南北を分けた戦いに成らないように手を売ったのでしょうから・・・

北海道からロシアが攻め入り
沖縄からアメリカが攻め入り
ぶつかった所がベルリンの壁

しかし、原爆の力によってアメリカへの降伏と言う手段で
日本は真っ二つには、ならなかったのでは??
しかし、罪は政府に有って長崎広島の市民では無いはず。
それを、『正しい事』と言ってしまうのは、
少々、度が過ぎるのでは?

やったのは戦争だ。
奇麗事を並べるのは、おかしいし
起きた事を、攻め立てるのもおかしい

どうしたら起きないか?
今後、どうして戦争を防ぐのか?
ソコを、もっと話し合うべきだと思う。。。


   何の為の戦いで、誰の為の戦いか?


そして、理不尽に命が奪われる事の無い世界の為に・・・


 貴方のその怒りは、  本当に許せない怒りですか?                 


                      


           p.s・・・面白くもなんとも無い、説教的な文ですみませんでした。
               最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました(^^ 

by imagine-nakagawa | 2010-08-07 23:05 | 徒然日記