人気ブログランキング |

資質と人材派遣の~♪

  『お母さんが・・・中川さんのお話は難しくって・・・と言ってましたよ(笑)』

                         Σ( ̄ロ ̄lll) ゴーーーーン

スミマセン。。。
もっとライトな話をできるようにならなきゃですね。
どうにも、私の頭ってやつは “考える” と言う事を、止める事が出来ないようです。。。
困ったものだ(--;

    『何かの答を常に探している』

それが、私ってやつです。
だもんで、ちょっとしたことでも、何やら深く考えてしまう。
悪い癖です(^^;


そんな最中、私の敬愛する美容師の1人
その方が、言ってた偉人(?)の名言とでもいいましょうか?

     『人の上に立つ資質は、人のためにどれだけの時間を費やすことができるか。
    自分のためにしか時間を使うことができないのなら、一人で仕事をしたほうがいい。』

といった、引用がありました。
さて、、、
色々な意見が、有ると思いますが~

これ・・・正論だとは思います。
そして、素晴らしい言葉だとも思いますが・・・
私は、怖い言葉だと思います。

この言葉。。。仕事の上で使うとなると、危険な考えだと思っています。
あくまでも、プライベートグループ内での話だと良いのですが・・・
もしくは、仕事の営業時間内。

もしこれを、仕事以外の時間の事(プライベートタイムの事)としてとらえるのなら、かなり危険です。

特に上司がこれを言うとなると、それは『パワーハラスメント』と言われてもおかしくはない。
なぜならば
        『個人的時間を提供する事の強要』

なのだからです。
会社と個人は、あくまでも対等な関係でなければならない。
つまり、仕事とはあくまでも営業時間内での態度を査定しなければ、フェアとは言えないのです。
そしてそれは、個人を守るための法でもなくては、ならないからだと思ってます。

さて、言い換えてみましょうか?

      『うちの会社は、就業時間外でどれだけ貢献しているかを、査定の基準とします。』

ぶっちゃけ、こう言う事(--

『営業中は、適度にサボって体を休めておいて、、、営業後の為に体力を温存しとこう』

そうも捉えられる言葉。
逆説的に言えば。。。  “家庭を捨てろ” とも取れます。
仕事ってのは、あくまで対価が有って、

     対価 ⇔ 労力(能力)・時間

と言う契約が、成り立ってなきゃおかしいと思いません?
何が本当に正しいのかは、分かりませんが・・・
私は、
       プライベートで、自分の時間を人の為に使っている人。 
そして、
       仕事で、人が避ける仕事を、自ら進んでできる人。
最後に
       人の気持ちを、理解しようとしている人

そんな人間こそ、人の上に立つべき人だと、私は思う。
ま。。。これまた理想論で、それだけでは食べて行くことも、難しい事かも知れませんね。。。

by imagine-nakagawa | 2012-04-30 05:55 | 徒然日記