人気ブログランキング |

コピって…コーヒーの事だね


お久しぶりです

お元気でしたか? 夏バテで倒れてませんか? クーラー症でへばってませんか?


9月7日をもって、一周年ですよ・・・

早いもんですね~
なんか変わったのか?
売り上げは、ま、ボチボチだ(^^;

“もうけ”を重視してないだけあって、カツカツ…
カツカツでもなんとかなっているのは、有り難い事ではあります。感謝感謝♪


さて、久しぶりのブログを書いたのは~

アメリカで今、新しいコーヒーの波が来ているらしい。という記事を読んだからである。

なんでも、ブルーボトルコーヒーと言う店を筆頭に、
1杯毎に豆を挽いて出す、美味しいコーヒーなのだとか・・・

? 普通に考えたら当たり前の事だと思うのだけど?

と、思って記事をよく読んでみると、
アメリカのコーヒー文化の結果だそうです。
アメリカでは、浅煎りのアメリカンタイプのコーヒーが主流で…
後にスターバックスのような、一定レベルの味のコーヒーが
お手軽に飲めるスタンダードコーヒーみたいなのが、流行した訳だ。

アメリカって、食に対してそこまで執着無いじゃない?

ステーキの有名な店に行っても、日本の鉄板焼きのような、繊細な感じでもなく
ぶっちゃけ、肉ぶった切って焼いて出てくるみたいなとことか。。。
後は、ハンバーガーかピザ
 
そんなイメージだしね。

だから、日本やヨーロッパのように【本当に美味いコーヒー】に拘った店が無かった。
って、だけなんだろうね。
日本でスターバックスが流行ったのは、
『そこそこの味が保障されてて、お手軽に楽しめる』
その安心感からであって、本当に美味いコーヒーはスターバックスでは無い。
と言う事くらいは、たぶんみんな知ってるんだと思う。
『個人店には叶わないけど、チェーン店ではイケてる方』
ハンバーグで言うなら、びっくりドンキー 的な?
e0184573_1722928.jpg


ブルーボトルコーヒーでは、
煎った豆は、最長でも3日しか置かず、
挽いてからは45秒以内にお湯を注ぐのだそうだ。
しかも、1杯毎にドリップする事で薫り高いコーヒーになるのだと。。。

さすがに、日本でも1杯づつしかドリップしない事に拘っている店は、少ない気がする。
紙コップって、時点で拘りきれて無い気もするけど~

しかし・・・値段を見てびっくり!!
最低価格は17ドル… 1杯 1700円~3000円のコーヒー

なに?コピ・ルアック(高級豆) でも、使ってるの?
それだと、1杯3000円だと安いのかもしれないけど…
最低でも、ブルーマウンテンの№1 ぐらいじゃないと、納得いかない金額だ(==;

個人店で、有名なバリスタさんが淹れて下さるのなら、1500円でも出すけど、
言ってもチェーン店だし、20分とか待ってスタバの様な席で飲むコーヒーに、
この金額は。。。。出せない(^^;

そのうち日本に来るかも?を待つか、アメリカ旅行に行く方で
興味のある方がいたら・・・行ってみては?

きっと、日本のこだわりコーヒー店で飲む800~1000円ぐらいのコーヒーと
同じくらいの味わいは、楽しめると思いますよ♪




追記… 
   【コピ・ルアック】 ジャコウネコが消化しきれなかった豆を糞の中から探し出して洗った豆
              200gで15000円前後 

by imagine-nakagawa | 2013-09-10 17:25 | ゆずりは