人気ブログランキング |

タグ:観光 ( 4 ) タグの人気記事

フランクフルトへと続く道 ~ドイツ旅行記11~

 『中川さん岡田将生さんに似てるって言われない?』

嬉しいお言葉です(T T
あまり言われ無いラインですが、嬉しい所ですね♪


おはようございます♪
いくら経っても、なかなか日記が追い付きません。


先週の29日(日曜日)のアクセス数・・・・1200オーバー(〇〇;)
なぜ???

と思ったら『旦那への復讐』サイトを探しているようでした・・・
そんなに恨まないでください(^^;

あれかな?なんか番組が有ったのかなぁ???



さて、ドイツ旅行記もやっと旅行の半分が終わった所でしょうか?
日数的には。。。ですが~
そろそろ書く事も無くなってきました(^^;

安心してください!! あと少しです(笑)


ニュルンベルクで、急行のチケットを取ってフランクフルトを目指すのですが・・・
ドイツの急行は、全席指定ではありません。
指定すると金額が発生します。
しなくても席には座れますが・・・
席の所に、『〇〇駅~××駅』と出るので、その区間が指定席になります。

まぁ~そこまで満員じゃ無いだろう、と思ったので席を取らずにいました。

のが、間違い(--;

満席。。。
空いている席も、駅名が出てるけど、その駅がどの区間なのかが判別できず
しかも、スーツケースが心配で・・・
結局、立ってましたよ。

5時にニュルンベルクを出て、7時にフランクフルトに着いたら、乗り継いで3駅の所のホテルに、9時までにチェックインしなければならないのですよ。

 そ・れ・な・の・に・・・

6時に電車が止まって、10分・・・20分・・・30分と時間だけが過ぎて行く
焦る気持ちとは裏腹に、電車は一向に進まない
放送が有っても意味が分からない
この先、何分ぐらいで出発するのか・・・
言葉の壁の恐ろしさは、トラブルが起きて初めて感じる事なのでしょうね。

これはかなりドキドキしました。
英語なら兎も角、ドイツ語しか通じない状態で、ホテルに泊まれなかったら
どうしていた事やら(--;
1時間近くの遅れは有ったものの、8時前にはフランクフルトに到着しました。
最寄駅に着いてからは、Jのアイフォンが大活躍!
海外でも地図を出してくれるので、知らない街でもホテルまで案内♪
いや~初めてアイフォンを羨ましいと思った(><

ご飯を買いに出かけた時も
 『お持ち帰りできますか?』 
を、アイフォンのドイツ語で翻訳!!
超便利(>ω<
これを店員に見せる!!

と・・・
少し悩んだ顔をしていましたが、首を縦に振ったので、
ケバブを3つ頼みました。
肉を削り、パンにサラダと一緒に挟んで、三つのケバブを作った後
私たちの顔を見ながら

  『take out?』


 えええええぇぇぇ  英語かよぉ!!Σ(°Д° ;;)
最初のアイフォンに、何を納得してたんだ???

ま、そんなこんなで、
冷房は効かない、TVは付かない、窓もおかしい、ドライヤーは無い、お風呂もトイレも外
安さが魅力のそんなホテルで、フランクフルトの朝を迎えたのでした。。。。


                    to be Continue>>

by imagine-nakagawa | 2011-06-02 05:55 | 徒然日記

時代と共に変わり行く価値観 ~ドイツ旅行記10~

  あの橋を渡れば、、、


むかしむかし、川の近くは身分の低い方が住む場所だった。
死刑囚らは、川の側の建物に収容されて、
 橋を渡った中央の建物で、首を切られるのを、ただ待つしかなかったのです。


それがこちら!!
e0184573_23424272.jpg


奥の高いのが、収容の塔
手前の手首に斧が・・・・・・・・

手首に斧って(><
恐いね。

でも、今はこの一区画は、景観も良いし、静かだしと大人気で
芦屋や北山のような高級地区になっています。
部屋を借りるのも、家賃が高くって手が出せなかったそうですよ(^^
時代が変われば、モノの見方も変わるのですね~


そして、壁と壁の間にある小さな町??エリア??
e0184573_095915.jpg

写真の右にMAPが有ります。
一周だけのエリアですけど…伝統工芸っぽいものが、所狭しと並んでいました(^^

凄く雰囲気があって、可愛くて綺麗で伝統的で♪
 THE ドイツ!!
工芸職人は、昔はただの職人
でも、今は伝統を守って行くうえで欠かせない人たちなのですよね。
ドイツには、マイスター制度と言うものが有りました。
モノを売ってお金持ちになる事よりも、貧しくても本当に良いものを追及する姿勢
むかしの日本の“道”に通じるものが、ここにはまだ存在しています。
生産性社会に囚われた日本は、きっとベニスの商人なのでしょうね~
その志は、地に堕ちてしまっているのか、影を潜めているのか…
志は、欲の元には存在せず。
時代は変われど、伝統を強く残しているこの街は、本当に美しい町でした。


そして、いよいよニュルンベルクを離れる時が来ました。
そんな時になって…
私は、お昼ご飯を探している時の会話を思い出していました。

ドイツ在住のMさんが
『何が食べたいですか?』
と訪ねると、日本からのJが言いました
『Mさんが居ないこの先は、私ら三人は、ちゃんとしたものを食べれるか分からないし、ドイツっぽいのが、良いと思うねんけど。どう思う?』

Jが言った通り、、ちゃんとしたものを食べれるか、何かトラブルが起きないか・・・
言葉の壁を少し感じて暮らした、この2日間が有ったからこそ、
この後のフランクフルトが、心配です(^^;
ドイツの中心都市なので、ニュルンベルクよりは通じるとは思いますが…

それでも一抹の不安を抱えながら、一行はフランクフルト行きの特急に乗り、Mとニュルンベルクに別れを告げたのでした。。。

今から襲い来る事を一行が知るのは、もう少し先のお話し。


                      to be Continue>>

by imagine-nakagawa | 2011-06-01 05:55 | 徒然日記

城下町ニュルンベルク ~ドイツ旅行記9~

私が押してるサッカー選手 宇佐美選手が、
ドイツの名門『バイエルン・ミュンヘン』に移籍する事が濃厚に!!
うーーーもうちょっと時期がずれてたら~~
ミュンヘンまで足を延ばした。。。カモネ(--;
香川選手の行った、ドルトムントよりも、ドイツでは名門だと思うので
活躍してくれると嬉しいですね。



おはようございます。

ニュルンベルクの朝は・・・
けっこう気怠く始まりました(^^;

部屋の窓の外が、ちょうどホテルで野外に出れる場所の横で、
煙草を喫いに出て来る人とかがいて、朝方から話し声が聞こえて来るので・・・
浅い眠りになってました。


気を取り直して!!

THE ニュルンベルク観光

ニュルンベルクは、戦争で破壊された カイザーブルグ城 の城下町で、四方を壁に囲まれた旧市街地です。
と。。。は。。。言っても、どれが壁だったのかは、よく分からないけれどね(^^;

ニュルンベルクは、初日に降りた街ですが・・・
着いた日は、さっと見てご飯にしたので、観光はしてませんでした(^^

もうね、言葉はいらないかな??
写真だけ見せろって??
そんな感じだけど~
カメラのデータが大きすぎるので、携帯のデーターをメインで載せますね。

まずは、街角
e0184573_1121728.jpg


ドイツの昔の良さを残した街並み
一つのスポット的ストリートです。

次に、広場
e0184573_1123194.jpg


ニュルンベルクの中心的な広場
3連のバスが見えますね。
この広場では、青空市みたいなものが開かれていて、
野菜やら果物が出てたり
香辛料とか、金物とか、お菓子とか、服とか・・・
これだけでも結構楽しい感じです♪

端には、教会が有って、凄い良い雰囲気
お話の中みたいでした。

そして、街の中をつなぐ眼鏡橋?
ニュルンベルクで愛される、街の景観の一つでしょう(^^ 
e0184573_1124192.jpg


この橋を渡れば、川と川の間に挟まれたエリアが有るのですが…
実は・・・

いや、それは次のブログで(^^

              と言う訳で、、まだまだ続くよニュルンベルク♪

               皆様飽きてない??
  
                 でも。。。
                        to be Continue>>

by imagine-nakagawa | 2011-05-31 05:55 | 徒然日記

三角の墓と、ヨーロッパとアジアの間


知らない事が結構ある・・・
しかも以外と重要だったりするのに、その筋だけで常識とされていて私たちの耳には入らないそんな話。


今日、お客様が エジプト → トルコ 旅行に一人で行って来たそうで、お土産話をして頂けました♪

エジプトのピラミッドって、結構都会の中心に有るんですね。
知ってました?スフィンクスとか街中に有って、“ピラミッド前”でバスを降りたら、もう目の前に現れるんですって・・・
何だか、物足りないような(--;
いっそ、『ラクダに乗って砂漠へ数時間』とかであって欲しいような~(^^;

トルコは凄く綺麗で、カップルばかりだったそうですよ(^^
キリスト教圏だと思ってたんだけど、イスラム教が9割を占めてるそうです。
でも、戒律はゆるくなっていて、若い女性なんかは殆ど顔を出してるんだって~
トルコは、凄く良い国みたいですね(^^
日本人を好いてくれてるみたいですよ☆
親日国家は好きですね~
好きだと、相手も好いてくれる。人同士も国同士も相手は自分の鏡なんですね。
偏執の愛は、鏡にはなりませんが・・・
親日国家として有名なのは、トルコ、ドイツ、タイ王国 これらはかなり親日度が高い国で有名ですよね♪
それから、先日のニュースで『台湾でしたアンケートで、日本が好きと答えた方が52%のダントツだった』と報道されてましたねぇ~。嬉しい物です
他にも、インド、ブラジル、アルゼンチン、イラク、イラン、ポーランド、フィンランド、スェーデン、アフリカ諸国etc…と、以外と親日国が多いモノなんですね~
私は、ドイツが好きなんです。特に理由はありません!!wwwe0184573_11967.jpg
サッカーW杯は迷わずにドイツを応援!!
賭けないけど賭けるとしたらドイツです。

ちなみに・・・
トルコに “ トルコライス ” は、無いそうです(T-T)何故?

?なんの話しだっけ??
そうそう
でね、エジプトからトルコに渡る時に、凄い渋滞に巻き込まれてタクシーが遅れてしまって、飛行機に乗れなかったのですよ。
で、仕方が無いので航空券を3万自腹で払ってトルコに渡ったのですが・・・

その後、旅行会社から電話が有って
『○○さん大丈夫ですか?』
『あ、大丈夫です。ちょっと乗り遅れてしまって、航空券買って来ましたから』
『いえ・・・えっと、帰りの航空券は?』
『あ、ちゃんと持って来てますよ』
『もう買われたんですね?』
『? いえ、日本からの。。。』
『あ~なるほど~。いえね、その航空券は、もう無効になってるんですよ』
『 ・ ・ ・ ・ ・ ?       ハ イ !?』
『書いて有ったと思いますが、航空券は全て繋がっていて、1つ無効になるとその後の全てが無効になるのです。なので、早めに日本行きの航空券を取り直してください』

と言うやり取りだったかどうかは知りませんが、ま内容はこんな感じ
要するに、お金を払って買った席なのに、チケット有るのに買い直し・・・
航空券って、往復で買った方が安いんだって~
慌てて手配をして、何とか買ったチケットが6万
トルコからのと合わせて合計9万!!
日本だ買ったチケットは10万・・・
合計19万(--;
ま、それは良い
それは良いけど・・・
どうして、往復の方が安いんだ?
と聞いたら、どうやら往復券を買って渡航して帰国券を捨てる人も多いんだって・・・
それが凄く困るらしくって罰則も含めて片道券は高いらしいのです。
でも、お金払ってるんだよ?
払って貰ってる上に席が空いて軽くなるから燃費も良くなるだろ?
自分で買った席を自分でどうしようか勝手じゃないの?
まして、帰る時にはもう一枚買うわけだし・・・
儲かりそうなのに、凄く困るのって何でだろうね。

でも、これって旅行業界じゃ当然なんだって~
つか、そんな大切な事なら書いとくだけじゃなくてちゃんと説明して欲しいなぁ。
まして、多カ国に渡る人にはちゃんと説明すべきじゃない?
それに、 『 リコンファーム 』 て、知ってます?
これって、旅行会社に頼んで旅行してる時には、多分旅行会社の人が変わりにして頂けてるんでしょうね。
“航空券の予約再確認手続き” をリコンファームと言って、72時間以上の滞在をする時に飛行機会社に乗る意思表示をしなければならない。
って、手続きなんです。もしこの手続きをしなかったら、勝手に席を他にまわされる事も有るので、一人旅行する時には気をつけましょうね(^^

たかが航空券 されど航空券

旅行の資料もちゃんと目を通しておきましょうね(^^

by imagine-nakagawa | 2010-03-25 22:34 | 徒然日記